惑星について学校をしました。ケプラー第1慣習は楕円軌道の慣習ともよばれ、「惑星は日光を1つの焦点と始める楕円軌道を描く」と表されます。軌道のがたいと特性は、惑星と日光の極限距離と最少距離の度合(楕円の長半径)と、離内率で表されます。離内比が大きなものほど、軌道は偏平な楕円になります。ケプラーの第2慣習は面積テンポ一定の慣習ともよばれ、各惑星について「日光と惑星を結ぶ直線(動径)は、等しい時間に等しい面積を描く」と表されます。したがって、惑星の公転テンポは規定ではなく、日光から最も近い仕事場(近日仕事場)で最も速く、日光からとにかく遠い仕事場(遠日点)で一際のろいだ。ケプラーの第3慣習は適合の慣習ともよばれ、「惑星と日光の度合距離(極限距離と最少距離の度合)aの3乗は、惑星の公転間隔Pの2乗に比例やる」と表されます。このようなことを覚えましたが、やっと知ったこともあったので知らないことを知れて良かったなと思いました。